FC2ブログ

MonumenT

こんな悲しい世界、みえなくていい
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おと

每次进入夜晚后就像进入了异世界。
白天的声音消失,奇妙的声音都跑了出来。
如果这时候再出现白天的声音就会觉得异常。

比如常常在深夜听见的对面楼传来炒菜做饭的声音,偶尔还有洗衣机。
忍不住猜想是什么样的人,是从事着常常晚归的工作吗,还是只是到了半夜就会饿的体质。

有时楼下的猫发出奇怪而诡异的叫声,无论是不是春天。

想要彰显自己存在的青年常在半夜一边最大音量放着烂俗的歌一边轰鸣而过。

也有只是单纯打打闹闹大声说话的夜游人群。

楼上偶尔传来脚步声,还有小孩跑来跑去的的声音。当然不是灵异事件,而是确实存在。

关不紧的水龙头发出的持续滴水声,每晚都是不同的节奏。

拔掉电源插头机械运转的声音便戛然而止。


到了晚上耳朵就会很敏感,只要一进入狭窄的地方立马开始耳鸣。
关上房间门躺上床再关灯之后好像所有的神经都集中在听觉上,似乎要被越来越厉害的耳鸣拖进无尽的黑暗。

只好塞上耳机。

耳机里传来小哲的声音,唱着「あれあれ おかしいな ここには出口がない」

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://dimyume666.blog55.fc2.com/tb.php/205-bb036c13
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。